歯肉炎・歯槽膿漏と感じた時にすべきこと(歯磨き)

7月 25th, 2014 12:00 AM

人間は自分の目で確認できない箇所については、「あまりお金をかけない」「注意を払わない」ケースが多いと言えます。また「見えないから」という理由で、ちょっとしたトラブルが起こっていたとしても放置してしまうんですよね。

例えば口内がそうかもしれません。アイスクリームを食べていたら歯茎または歯に少しの痛みを感じたが、「どうせ知覚過敏だろう」と済ませてしまう。そのまま放置していたら歯に痛みを感じ、歯科医院へ行ったら虫歯を患っていた等。

同じようなケースだと、最近では歯肉炎や歯槽膿漏を患っている人が多いようです。特に食事ではなく、お菓子ばかり食べている若い世代が発症している模様。というのも歯槽膿漏になる原因は幾つか考えられるわけですが、歯の間に残った食べ物のカスが引き起こしている場合があるのです。

つまり人によっては寝る前にお菓子を食べることもあるでしょう。その結果、寝ている間に口内の細菌が増殖し、歯槽膿漏を患ってしまうそうなんです。もしかしたら貴方も歯茎からの出血に驚いてしまった経験があるのかもしれません。

そういう悩みを抱えた時には、手軽に予防できる方法がありますので、実践してみるといいです。それがカムテクト(→こちら)という歯肉炎予防の歯磨き粉です。歯磨き粉ですので、毎日おこなう歯磨きの時に使用するだけOK!とても簡単でしょ?

歯の状態や顎の形によっても患う可能性があるため、歯磨きをしているにもかかわらず歯肉炎などの可能性があると感じたならば、使ってみるといいでしょう。